アンテナ工事をする

みなさんはまだまだアンテナ工事に対して判らない問題を抱えているのではないでしょうか。何しろ、世の中は様々な事柄が多様化して非常に判りづらいといえば判りづらいのです。地デジを導入してからBS・CSとそれぞれ別の名称で呼ばれる事になりましたが、BS・CSには一体どのような違いがあるのでしょうか。BS・CSは単に、見ることが出来る番組が違うだけという区別をしている人もいるかもしれませんが、 そもそも放送される衛生が違ってしまっているようです。

BSでは放送衛星をキャッチし、CSでは、通信衛星から発せられる電波をキャッチして番組を放送しているということです。ちなみにアンテナ設置する際には、どちらも受信出来るアンテナを設置すれば、両方ともの番組を試聴することが出来るので、両方番組も楽しみたいと言う方は、どっちの衛星にも対応している製品を選ぶと良いでしょう。しかし、通信衛星の方はただアンテナ設置しても、契約をしなければ視聴することが出来ません。

地デジの場合では、 アンテナを設置して分配器などを通して配線すれば見ることが出来ますが、 放送衛星の場合は専用のアンテナが必要になって来ます。地デジアンテナ設置に対して、プラスα新しいアンテナ設置をしなければならないと考えてください。そのアンテナこそが、みなさんが既によくご存知のパラボラアンテナのことです。みなさんはもうBSというものも当たり前に見ることが出来る認識を持っているのかもしれませんが、まだまだ世間では、当たり前に視聴出来るスムーズな構造になっている訳ではありません。