アンテナ設置は難しい

地デジ対応テレビが我が家に届き、当たり前にBSを見ることが出来ると思っているものの、映らないという苦い体験をした人たちも多くいるのではないでしょうか。それは、分波器がないせいではないでしょうか。 アパートやマンションなどの集合住宅の場合、一本のケーブルに地上デジタル放送の信号とBS放送の信号を混合して配信していて、敢えてそれぞれの家庭では、この混合された信号データを、それぞれ地デジ信号とBS信号に分けなければならないのです。 その役目を果たしているのが分波器という機械です。

分波器が地デジ信号とBS・CS信号を周波数で分ける機器であるのに対して、分配器というものもあり、分配器は信号を二つに分割する機械のことであり、ケーブルが一本しか来てない時、2台以上のテレビに分けて接続する時には使用したりします。

いかがでしょうか。実際にアンテナ設置の問題など自分で簡単に判ると思っているものの、なかなか複雑で、素人目になかなか理解しづらいものです。みなさんがご家庭で、気楽なモチベーションで、地デジやBSやCSを見たいというのなら、やっぱり業者に依頼するというのが正しい方法ではないでしょうか。まだまだ一人で設置というのには難しい問題を抱えています。

□関連リンク□地デジアンテナ設置|棟梁ドットコム

当たり前に見れる?

SとはBroadcast Satellite(衛星放送)の略称ですB。これは、電波を静止衛星を利用して飛ばしているものです。CSとはスカイパーフェクト・コミュニケーションズが運営しており各社の放送業者が専門のチャンネルのことを言います。ほとんどが有料チャンネルと考えていいでしょう。

有料と無料という考えをすれば、無料の番組は、私達は、当たり前に見ることが出来て当然と考えていたりします。しかし、地デジのように、 BSを自由に見ることが出来ない人たちが結構いるのではないでしょうか。BS・CSデジタル放送が映らない、受信出来ないなどのトラブルも最近では結構多いと言います。

BS・CSアンテナを新設した場合はDC15Vの電源をアンテナに送ってないと映ることが出来ませんし、ブースターからアンテナに電源を送ることも出来ます。 ブースターがない場合は、テレビからアンテナに電源を送ります。

家中すべての部屋にBSの電波を送りたい場合は、UHF(地デジの電波)と混合させて、電波を増幅させるという方法があります。 最近の一般的なアパートやマンションでは、集合住宅用アンテナが設置してあって、自分自身でアンテナ設置をしないでも、BSも、CSも見ることが出来るケースが多いです。しかしまだ映らないと嘆いている人たちもいるのではないでしょうか。

BSが見たい

結構、地デジアンテナとBSアンテナと同じという気楽な考えを盛っている人たちが多いのです。昔は、テレビを見ると言えば、アンテナ一本設置の問題だったのです。ストレートに考えることが出来て、判りやすいものだったのですが、段々とそうでなく、何が何だか判らないという人たちも大勢いるでしょう。

地デジアンテナとBSアンテナはそもそも違うものであり、BSアンテナは丸い形をしていることが多く、地デジアンテナは何かの骨のような形をしています。「地デジカ」というキャラクターのことを覚えていらっしゃるでしょうか。地デジアンテナは、あのような地デジカの形をしたものなのです。地デジを見たいというのなら、敢えて、BSアンテナは必要なく、まだまだ世間では、BSが一般的というのには至ってないようです。

BSアンテナは、BSの放送を見るためのものであって、地デジを見るためのものではありません。BSも見たいし、地デジも見たいというのなら両方アンテナ設置をする必要があります。どうして互換性が無いのかといえば、BS放送と地デジ放送の周波数が全く違うということが原因なので仕方がないです。BS放送が見ることが出来ないというのなら一度業者さんに相談してみてはいかがでしょうか。

アンテナ工事をする

みなさんはまだまだアンテナ工事に対して判らない問題を抱えているのではないでしょうか。何しろ、世の中は様々な事柄が多様化して非常に判りづらいといえば判りづらいのです。地デジを導入してからBS・CSとそれぞれ別の名称で呼ばれる事になりましたが、BS・CSには一体どのような違いがあるのでしょうか。BS・CSは単に、見ることが出来る番組が違うだけという区別をしている人もいるかもしれませんが、 そもそも放送される衛生が違ってしまっているようです。

BSでは放送衛星をキャッチし、CSでは、通信衛星から発せられる電波をキャッチして番組を放送しているということです。ちなみにアンテナ設置する際には、どちらも受信出来るアンテナを設置すれば、両方ともの番組を試聴することが出来るので、両方番組も楽しみたいと言う方は、どっちの衛星にも対応している製品を選ぶと良いでしょう。しかし、通信衛星の方はただアンテナ設置しても、契約をしなければ視聴することが出来ません。

地デジの場合では、 アンテナを設置して分配器などを通して配線すれば見ることが出来ますが、 放送衛星の場合は専用のアンテナが必要になって来ます。地デジアンテナ設置に対して、プラスα新しいアンテナ設置をしなければならないと考えてください。そのアンテナこそが、みなさんが既によくご存知のパラボラアンテナのことです。みなさんはもうBSというものも当たり前に見ることが出来る認識を持っているのかもしれませんが、まだまだ世間では、当たり前に視聴出来るスムーズな構造になっている訳ではありません。